もふもふTAKURAMIブルワリー

84世代、新卒で10年勤めた会社を退職し、発酵醸造の道を歩み出した“ふぁーびー”のブログです。発酵はもちろん、生き方・キャリア・子育て・NPO…様々なテーマについて気ままに綴っていくブログです。

とっとりたび epi.2

とっとりたび関連記事第3弾!
今回はタルマーリーさんです!
f:id:mofux2takurami-brewery:20151001112128j:plain
その前に…前回の投稿で書き忘れていたことが。
説明会の後にスタッフのみなさんが用意してくださった“しそジュース”を飲みながら、
参加者とスタッフが交流する茶話会のような時間がありまして、そこでたまたま隣に座られたご家族が、
奥様の実家のある鳥取へUターン(ご主人はIターン)で移住される予定で、
しかも、ご主人のご実家が私の家の近くにあったり、お子さんが私の娘と同い年だったり、
奥様のお父様の誕生日が私と同じだったりと、何だか不思議なご縁を感じざるをえない出会いがございました。
スタッフさんふ含め色々とお話を頂き、ありがとうございました!
 
さて、地元のみなさんによると、休みの日の午後はタルマーリーさんのパンは売り切れ必至のようで…
食べられるかなぁと、とっても不安な気持ちと、ついに行ける…!という高揚感が入り混じりつつも、
久しぶりに会う鳥取の友人と合流、一路タルマーリーを目指しました。
 

 

かなり透明感の高い、一目見て綺麗すぎる川に目を奪われながら、その川に沿って車を走らせると、見えてきたのは冒頭の写真のチョー素敵な建物。
 
本当はゆっくり外観を観ながら雰囲気を味わいつつお店に入るつもりが、『パン売り切れてないかな、パン売り切…』とはやる気持ちを抑えきれず、勇み足で飛び込みました。
 
まず目の前に現れたのはカウンターの上に並べられた数々のパンたち!!
 
ほっと一息ついて、中のイートインカフェでまずは石釜ピザを堪能!
ピザの耳が旨すぎまる。耳が美味しい。耳が主役のピザって初めてでした。

f:id:mofux2takurami-brewery:20151001112219j:plain

これだけでも満足です。
そして、さらに待望のビール酵母のバゲット、レーズンブレッドが登場!
かなり大きかったので、スライスしてもらったんですが、それぞれ同じパンなのに、味が、味が違うんです!
そう、味のグラデーション。香り。なんなんだ、これは一体…!
ビール酵母やばいです。
しかも、ただの天然酵母ではないんです。
自家採取。
本当の意味で天然菌です。

f:id:mofux2takurami-brewery:20151001112739j:plain

ちなみにタルマーリーさんのこだわりが分かる記事が公式にありましたので、どうぞ。
 
そして悟りました。いかに普段食べている食パンたちが均一な味なのかと。
何もつけずに食パンだけでは私食べられないです。
なのにこのタルマーリーさのパン、すべてそのままで、そのままが美味しい!!
僕、実はパンよりごはんなんですが、これに限って言えば、パンです。
 
くるみと夏みかんピール、チーズマフィン、クミンシード×コーダチーズ、フィセルをお土産にしました!
(ちなみにもちろん今は家族の胃袋の中です)
 
また、外を眺めると、元保育園であったこともあり、広い園庭と遊具もそのまま残っており、
お子さん連れのご家族が楽しそうに走り回っていました。
そして目の前の本棚には興味ありそうな書籍がたくさん…
棚の上にちょこんとたてかけてあった、おなじみの『腐る経済』
ん?その横の…
『自分でビールを造る本』がこちらを向いて座っています。
仲間になりたそうに見つめてきます。。。
 
何かのメッセージなのかと思いました。
 
そして大満足でお土産のパンを持ち、帰ろうとした時に、
職人でありオーナーの「イタルさん」を発見!
あんな美味しいパンを造って下さったことへの感謝を伝え、
そしてなぜ私が鳥取に来たのか、今実はビール造りに関心があることなどをお話ししました。
 
その後、嬉しすぎる展開が続いたのですが、また直接聞いてあげてくださいね(笑)
また、イタルさんとの会話の中で、「ビールはロマン」という言葉がありました。
私はまだ造ったことはないのですが、無限大に広がる可能性。
世界に一つだけの、とっておきの一杯を造って、そして、妻特製の陶器のビールグラスに注ぎたい。
そんなことを妄想しました。
グラスによって味が変わる、ビールそのものの造り方に加え、さらにそんな要素が加わったらどうなるんでしょうか。
将来、妻と研究できたらいいなと思います。
ちなみに今回はビールはまだ調整中とのことで、残念ながら味わえなかったのですが、
もう少しで販売も開始されるとのことです!楽しみです!
 
私が今、こうしてビールのことが気になったり、子どものことを考えるようになったのは、
妻と出会ったからです。妻の存在。
イタルさんさんも奥様がビールがお好きということで、親近感がさらに湧きましたが、
きっかけって、実は隣に座っている可能性が大きいのかもしれませんね。
 
いずれにせよ、お忙しい中、私と気さくにお話してくださったイタルさん、
そしてお店のスタッフのみなさん、本当にありがとうございました!
 
明日は1日目の夜と「ゲストハウスたみ」さんの報告記事です!
お楽しみに!

 

広告を非表示にする