読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もふもふTAKURAMIブルワリー

84世代、新卒で10年勤めた会社を退職し、発酵醸造の道を歩み出した“ふぁーびー”のブログです。発酵はもちろん、生き方・キャリア・子育て・NPO…様々なテーマについて気ままに綴っていくブログです。

ヴァージンロードのお父さん、その涙の理由とは。

育児 ふぁーびー

こんにちは、ふぁーびーです。
f:id:mofux2takurami-brewery:20151214184945j:plain

先日、親戚の結婚式に出席させてもらいました。
とても素敵な時間でした。
家族や友人に祝福される、人生でなかなか味わえない至福の時。

さて、そんな中、私は娘が生まれてからは、どうしてもパパ目線で見てしまうのですが、娘さんとヴァージンロードを歩くお父さんの姿を自然と追っていました。何回も目を拭っておられました。


どんな気持ちで歩かれていたのだろう。
大事に大事に育てた愛娘が、お嫁さんになって、新たな家庭を築いていく。
奪われる、みたいな感じになるのだろうか。別に親の持ち物ではないんだけれど、大事にしてくれるんだな?みたいな感じなのだろうか。
私は当分その気持ちを味わうことはないけれど、何だかちょっとだけ考えようとしただけで、泣きそうになりました。お父さんのもらい泣きです。
私の時は少なくとも、ここまで成長してくれてありがとう!素敵な家庭を築いていってくれ!何かあったらいつでも頼っていいんだぞ!という気持ちで送り出したいです。そして周りが引くくらい号泣バケツ(?)しますね。

なんてことを書くと、また親バカだね、って言われるのですが、こればっかりは娘を持つ父親として、むしろ大切にしたい感情かなと思います。

また、帰り道に妻とも話をしていたのですが、自分たちは“神前式”だったので、今回採用されていた“人前式”、何か憧れるみたいな話をしたら『え、誰とするの?(笑)』みたいな反応があって、そうじゃなくて、10年毎に更新するじゃないけど、改めて振り返ったり、誓い合う、みたいな機会設ける?みたいな話な訳で。

何か夫婦の当たり前の関係、たぶん当たり前では決してなくて、少なくとも出会ってからのお互いに対して、そして出会わせてくれたご縁に対して、しっかりと“有り難う”と言葉にすることをしたいなと思いました。

改めまして、ご結婚おめでとうございました!!!
先輩夫婦として、いや夫として、パパとして、至らない点がありすぎて、これは気をつけた方がいいよ!こうできたら素敵だね、みたいなことについてアドバイスというか話題提供できる(世の男性はみんななれる)ので、そういう機会を日常の中でできたらいいですね。

そういえば12/19(土)にこんなイベントが。
第5回 にこわく(^o^)/フェスティバル2015 | Facebook

興味のある方はぜひ!

本日は以上です!それでは!