読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もふもふTAKURAMIブルワリー

84世代、新卒で10年勤めた会社を退職し、発酵醸造の道を歩み出した“ふぁーびー”のブログです。発酵はもちろん、生き方・キャリア・子育て・NPO…様々なテーマについて気ままに綴っていくブログです。

なんか、かっこつけてたじぶんがかっこわるい件について。

ふぁーびー

最近夜中に目が覚めるんです。


眠れてないとかじゃないんですが。

なんか、ブログ書いてて、いや書こうとしてて思ったんですが、すごくかっこつけてる部分があるなあって。正直全然筆も進まないというか、つまらないというか。

なので思ったまま、のことを書きます。

 

 
すごく、今、苦しい、というか帰ってきたらすぐ寝ちゃうんですね。いや、正確に言うとご飯食べ終わったら、ですが。

※余談ですが妻の料理は最高です。

 

うーん、頭を使ってるような気がするんです。脳みそ。でも昼間の仕事で全てを使っているわけでもなく、最近“自分の将来”について考え過ぎてるからだと思われます。

 

ホントは“なぎそたび。”と題して南木曽町の旅について色々書きたかったんですが、いやもちろんとっても素敵な所で楽しかったですし、友人がチャレンジしてる姿に刺激も受けたのですが、彼と話をすればするほど(もちろん比較することは不毛なことくらい分かってますし、もちろん少しは思ってもそれは差し引いたとして)、もっと言えば、自分自身に問いかければ問いかけるほど、自分自身が今まで何をやってきたのか、何を積み上げてきたのか、ということに自信がないことに気がつきました。

 

端的に言うと、またお前は繰り返してるとかなんとか言われそうですが、言いたい方は言ってください。

まあ、自分の仕事について考えてるわけで。

人生の大半を費やすことになる仕事。

 
主に3つくらい?の要素が自分の中でぐるぐる回ってまして。

①将来の自分の職業人としてのイメージ
②将来の社会のあり方の中での働き方
③自分の心の動く方向性

 

①はなんというか、自分がこの先ずっと今の場所で働き続けるという目標、イメージが持てなくなっているということ。
入社した時の気持ちや見通しみたいなものが崩れてしまっています。何がしたかったんだろう。社内の自分より「上」のキャリアの人たちの姿に自分が重ねられないんです。(もちろん社会人としては尊敬できる方ばかりなのですが)

 

②は、これから世の中が、特に日本がどんな風に動いていくのか、みたいな話の中で、①にも重なりますが、はたして僕は生き残っていけるのだろうか、と不安になっています。会社、ではなく社会です。結局、生きていくための資源をどう獲得していくのか、お金はもちろん一定なければならないのかもしれませんが、例えば「定年」とか「年金」とかいう概念がどうなっていくのか、今の経済、産業のあり方がどのように変化していくのか、食料は確保できるのか、とか。そんな中で、はたして自分の家族を守り切れるか(もちろん僕一人が大黒柱というか稼がなければならないとも考えていませんが)。

 

③は、周りの面白すぎる人たちに引っ張られすぎているのか?と疑う時もあったのですが、その「面白そう」という純粋に惹かれる気持ちは、僕はむしろ大事にしたいなと考えるようになっていまして、
つまりは、「こういう生き方、働き方、してみたいな」という漠然としたものです。
「やりたいこと」を自分らしく表現されてるのはもちろん、その舞台として場所を問わない人たち。
主に、地方でチャレンジしている人たち。
農的な暮らし。農そのものをナリワイにされている人たち。
子どもをのびのびと大自然の中で育てておられる人たち。
自分の好きなことをひたすら追求している人たち。

 

あ、実は妻が将来「地ビール職人」としてビールを消費するだけでなく、自分の手で造りたい、という話があります。
僕はその夢を応援したいとも思っています。
あと単純な話なんですが、『もやしもん』というコミックを読んだきっかけで、「菌」というかその「発酵」という営みに興味関心がすごくあり、自分でも家で味噌を作ってみたり、麹を買ってきていろんなものと醸してみたりしています。
私は腸が生まれつき?弱いので、食生活における発酵をどんどん取り入れていきたいというのもあります。

要はそういうことに関心があるんだなと。

 

--------

 

以上、①②③より、次のMY CHALLENGEは何か、というのを探しているのです。(思ったまま記述しているので3つ以外にもあるとは思うのですが)

 

実は実家、母Uターンおよび父Iターンで大分に移住することになり、何だか胸がざわついてるのもあるんですが。
耕作放棄地がたっぷりあるので、そこで農業やるらしいんですが、ちょっとそれ開墾?からやってみたいなとかはありますね。
じいちゃんばあちゃんが残してくれた土地。(ばあちゃんは健在です)

なんか話が行ったり来たり、着地点が見えにくいかもしれませんが、色々人に会いに行ったり情報を収集したり考えたりしてるんですが、自分は本当にやりたいことって何なのか、ということがうまく言葉に表せないんです。
で、そうしてる間にどんどん年を取ってしまうことに焦りを覚えまくってるんです。

もうちょっと焦らずゆっくり考えたら、とか、今の仕事を続けながら探せばいいじゃない、その間にできることもあるでしょ、
というアドバイスも頂くのですが、まあ確かにそうなんですよね。

僕は一体誰の何に役に立てるんだよ、って。

これだけは人に負けない、そんなスキルあったっけ、って。

ないなら何をすべきかわかってんの、って。

いや、ほんとお恥ずかしい話です。

例えば、こんなやつが中途半端に表面的な現象に引きずられて、地方に移住して、明確なビジョンもないのにとりあえず地域おこし協力隊で3年間こなして、行き詰まる、そんな未来しか見えません。

移住することが目的ではないですよね。
自分の思いや武器を携えて時代を切り開いているつわもの達が、たまたま移住していただけのこと。

親の都合で移住(引っ越し)しまくってきた自分が言うと滑稽ですね。

 

まあとにかく何とかしたいですね。

すみません、長々と読んでいただきありがとうございました<(_ _)>