読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もふもふTAKURAMIブルワリー

84世代、新卒で10年勤めた会社を退職し、発酵醸造の道を歩み出した“ふぁーびー”のブログです。発酵はもちろん、生き方・キャリア・子育て・NPO…様々なテーマについて気ままに綴っていくブログです。

イクメンじゃないのにイクメン観光隊として平安神宮と京都市動物園に行ってきたよ。

ふぁーびーです。

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210075745j:plain

先日『イクメン図鑑』でお馴染みの「おふぃすパワーアップ」さんと「あかちゃんと一緒!京都おでかけ手帖」さんのコラボイベントがありまして、平安神宮京都市動物園に娘と2人で行ってきました。嬉しいことに無料でした。

詳しくは「あかちゃんと一緒!京都おでかけ手帖」さんのFacebookページをご覧ください!
https://ja-jp.facebook.com/odekakebook

ちなみにこの手帖はAmazonでも買えますよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4894912791/ref=mp_s_a_1_1?qid=1449701899&sr=1-1&pi=AC_SX110_SY165_QL70&keywords=あかちゃんとおでかけ手帖をつくる会&dpPl=1&dpID=51MxAwGO-NL&ref=plSrch

さて、予想通り集合時間ギリギリになりまして、なんとか大きな赤い鳥居の下にたどり着いたところ、10組くらいの親子さんと、あれは…TV局クルーのみなさん…!!そうでした、NHKさんの取材も入ると書いてありました。京都版らしいのですが、映ってしまうかもしれません、私の顔が…(どうやら映っていたようです!)

さて、早速平安神宮へ向けて動き出したのですが、久しく行っていなかったので知らなかったのですが、道が整備されてる!バギーが押しやすくてたまりませんでした。

そして、主催の代表の方と今日のイベントの主旨について話をしていて、そうなんですね~と相槌を打っていたら間近にカメラとマイクが…!これは確実に映るフラグ…!と心の中でニヤニヤしながら(このシーンは完全にカットされてました)、平安神宮に到着。どうやら宮司さん?が最後まで案内してくださるようです。
なかなか七五三とかお宮参り以外で参拝する事は少ない乳幼児の親子連れですが、ご説明にもあったように、日本の伝統文化に小さい頃から自然に触れることは大事なんです、ということで、この日は最後まで色々案内頂けるようです。

まずは清めるということで、手水舎へ。柄杓で右手から…子どもたちもパパママに手を引かれながら見よう見まね。
さぁ、ここからはダカールラリー並みの運転技術が必要な境内へ。なかなかずっしりきます。しかし、娘は早々に降りましたので、意外とスイスイ、階段もスロープを使わずに持ち上げて難なくクリア。

さぁ、いよいよ参拝です。
いつも妻が教えてくれているのでしょう、お賽銭を要求してきましたので、日本円硬貨を一枚渡し、チャリーン。 二礼二拍手一礼を行い、無事に終わりました。

そして、平安神宮の成り立ちのお話をお聞きしながら、これで終わりかな?と思った矢先、行ったことのない方向へ、ん?…て、庭園があるのか!恥ずかしながらあんまり境内の構造を分かっていなかったので、ちょっとだけテンションが上がりました。

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210072653j:plain

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210072726j:plain

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210072816j:plain

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210072837j:plain

紅葉や日本最古の電車(!)がなぜか置いてあったり、すごいなーと歩いていくと、あれ?なんだこの、長距離…!ひろーーーーーいじゃないですか!

途中大きな池があったり、飛び石があったり、白鷺を間近で見れたりと、娘はもちろんパパもパワースポットでお散歩!といったノリでリフレッシュできたかなーと思います。もちろん親子連れツアーという雰囲気が後押ししてくれたこともありますが、予想以上に楽しむことができました。

何より飛び石を娘と手を繋ぎながらバギー抱えて渡ったのはエキサイティングでした(こわっ)。

また、動物園も行ったのですが、こちらは時間の関係でそれぞれ各自で楽しむことに。

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210075120j:plain

個人的には娘がひとりで「こどもトイレ」で全部自分でやってたことに感動してました。もうこれだけで満足でした。

ちなみに実はこの前行ったところでもあったのですが、娘は動かないヤマネコとライオンの檻の前でじーっと。
寒い!(笑)

そしてその後自らもネコ科になりきったのでありました。

f:id:mofux2takurami-brewery:20151210074238j:plain

以上です!
それでは、また。